疾馬の設計図

アクセスカウンタ

zoom RSS 2014年

<<   作成日時 : 2014/01/02 12:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 おひさしぶりです。あけましておめでとうございます(1日遅れだけど)。今年もどうぞよろしく……なんて言いながらブログ更新休止中だったりするので、よろしくも何もあったものじゃないですが、まあ一応あいさつとして……。

 今日は新年の抱負ということで、特別にひさびさのブログ更新をしようと思います。Twitterでは書ききれないこともあるので。はたして何人がこの記事を読んでくれるかは不明ですが、自分のモチベーションを上げる、という意味合いが強いので、まあよしとします。

 さて、まず2013年。浮き沈みの激しい1年でした。前半は浮きまくり、後半は沈みまくり。小説のほうも結局はまったく結果が出ず、どん底の底をさらに突き抜けたような気分も味わいました。うん、でも時間の流れってすごいですね。ど年末になってようやく調子が戻ってきて、わりとすっきりとした気分で新年を迎えることができました。

 2014年は怒涛の1年となりそうです。

 まずは3月末締切の《小説すばる新人賞》への応募。その後は引越しと再就職活動。上半期中には決めたいな。下半期は新しい仕事に慣れるためにヒィヒィ言っているでしょう。
 どんなところに就職をしようか。今いろいろ候補を挙げていますが、たぶん今までと同じような仕事はしないと思う。これまで執筆に傾けていた情熱をうまくそちらに転換できるような仕事。ここでは具体例を挙げませんが、「え、なんで!?」とみんなに驚かれるようなところに就職する――かもしれません。今の経験があれば、たいがいのことは何とかなりそうな気がする。まあ就職先が決定したわけでもないので、あまり多くは語らないことにしましょう。

 引越しは前々から宣言しているとおり、名古屋周辺を考えています。就職先との兼ね合いになるのではっきりしたことは言えませんが。人生3度目の愛知県民。名古屋方面の友人の皆様、絡んであげてくださいね。

 小説家になるという目標は、まだ諦めたわけではありません。しかし、ある程度やりきった、という気持ちになっているのも事実です。今書くべきことは書いた、そして今はこれ以上を望むことはできない。そんな気分です。
 今後は新しい仕事を優先して、無理のない程度に、趣味くらいの位置づけでのんびりと書いていきたいと思います。1年に1度、あるいは2年に1度くらいの応募ペースで。
 最近はノンミステリーのエンターテインメントを中心に書いていますが、ミステリー畑に回帰するかもしれません。殺人事件とかではなくて、誰も死なない、ちょっと笑えるドタバタした雰囲気のミステリー。
 究極的なことをいえば伊坂さんの作品が近いのかもしれませんが、そもそもの方針転換のきっかけは、いくつかの映像作品です。具体例をひとつ挙げると、内田けんじ監督の『鍵泥棒のメソッド』や『アフタースクール』。登場人物同士の騙し合いを、複数の視点で喜劇的に描く。こういうのを小説でできたら楽しいだろうな、と思ったんです。

 ともあれ2014年は転機の1年となりそうです。毎年そんなことを言ってる気がしますけどね。ちなみに転機とはいっても、残念ながら結婚とかは今のところ兆候すらまったく見えませんので、誤解なきよう。

 それでは、2014年が皆様にとっても幸の多き1年となりますように。

 ちなみにブログは今後も休止としますので、何かあればTwitterのほうで報告します。まあ、就職が決まりました、くらいの報告はこちらでもあるかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2014年 疾馬の設計図/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる