テーマ: 読書

2012年の読書録ベスト10

 昨日は名古屋市の熱田神宮に初詣に行ってきました! 人生初☆初詣! おみくじを引いたら吉でした。願望は必ず叶い、学業については、あせりは禁物らしいです。地道にこつこつがんばれば、必ず道は開ける!?  その後いろいろハッスルしすぎて、今日は重度の腹筋痛です。ぐはは。  さてさて、今日は毎年恒例企画の第2弾、昨年読んだ本のベスト10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ここ数カ月の読書スーパーダイジェスト

 執筆ですが、一応今月末に向けて書いてます。結局、先月末に応募予定だったものをまたベースにプロットを組み立て直し、一から書いてます。調子はよくもなく悪くもなく。そろそろペースを上げなきゃいけないんだけど。  さて今日は、最近ずっと溜めこんでいた読書ネタで。ここ数カ月のうちに読んで印象に残ったものを、スーパーダイジェストで取り上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011年の読書録ベスト10

 おはようございます。2012年のカレンダーをまだ買っていないことに気付いた管理人です。  さて、今年もやりますよー!  2011年の総読書冊数は39冊。少ない・・・。しかもそのうち初読の小説は半分程度。あとは再読かノンフィクション、ネタに使おうと思った専門書です・・・。  こんなんでランキングをやる意味があるのかと自問してし…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

『このミス』『伊坂さんのエッセイ』&野球、執筆

 ようやく冬らしくなってきましたね。僕のアパートにもついに炬燵が登場し、その恩恵にあずかりつつブログ更新です。 2012年度『このミステリーがすごい!』発売! 1位は僕の予想通り『ジェノサイド』(高野和明)でした! おめでとうございます!  今年は(も?)あんまり読書しておらず、20位以内で唯一読んだ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『ペンギン・ハイウェイ』

 ああああぁぁぁぁっっ!!!  またすごい本に出逢ってしまった!!!  たった今読み終えたばかりなんですけどね。今年の本屋大賞第3位にもランクインしました『ペンギン・ハイウェイ』(森見登美彦)です。  小学4年生のぼくが住む郊外の街に突然ペンギンたちが現れた。この事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知っ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『アルバトロスは羽ばたかない』

 えー、ぶっちゃけ今、熱が38度あります。さっさと寝ろよという感じですね。でも! 寝る前にちょっと・・・と思いながら本を読んでいたら、寝るに寝られない状況に! おまけにその興奮をブログにアップしなければ気分が収まらない! 熱? 知らん! そんなもの、この本を読み終えたら飛んでった!(たぶん薬が効いてるだけ)  というわけで寝る前に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『KAGEROU』を読んでみた。

 新年1発目の読書は、現在話題沸騰中の『KAGEROU』でした。約束通り、今日はその感想を書きたいと思います。  まず何から書けばいいのか・・・。とりあえず、文章力、表現力、比喩、キャラクターの造型については目を瞑りたいと思います。一般向けの小説だったらアウトなレベルであり、またそれを補うだけの個性も感じられなかったのですが、児童…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

2010年読書録ベスト10

 2010年はあまり本を読めませんでした。2009年の半分くらいだ・・・。もう新年が始まって10日以上経ってしまったし、今年はスルーしようかと思ったのですが、やっぱりせっかく去年まで続けてきたので、今年もやろうと思います。読書ベスト10。  今回は上位陣の順位をつけるのが難しく、いっそのこと順位なんて撤廃しちまえとか思ったのですが、や…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『マリアビートル』&年末のご挨拶

伊坂さんの最新刊『マリアビートル』読了しました! 今年最後の読書にぴったりの作品でした!  とにかく出だしから伊坂さんのユーモア全開です。キャラが立ってるのなんの。登場人物のほとんどは殺し屋とか物騒な連中なんですけどね。とにかく痛快です。  それだけに中盤はちょっと辛かった。これくらいはネタバレじゃないと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『このミス!2011』&『執筆状況』

今年も毎年恒例の『このミステリーがすごい!』が発売されましたね。もちろん今年も手に入れました。ランキングを見ていくと、なかなかおもしろい顔触れが並んでいます。  ベスト10の中から、いくつか気になったものをピックアップしてみます。 第1位『悪の経典』(貴志祐介)  一昨年のこのミス5位『新世界より』を大…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

『バイバイ、ブラックバード』感想(長々と)

 本日2度目の更新。先月末に発売となった伊坂幸太郎さんの新刊『バイバイ、ブラックバード』の感想です。長めの読書感想はもう書かないつもりでいたけど、この作品に関してだけは、どうしても書きたくなったので。  ただしこの作品の元になったらしい太宰治の『グッドバイ』との関連については、述べるつもりはありません。ていうか、『グッドバイ』未読だし…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

2010.6月の読書感想

 6月の読書の感想です。今月は初読の作家ばかりを読んでみました。 【6月の読書篇】(読了順) ◎『超訳 ニーチェの言葉』  自分にニーチェを語る資格はないと思うので、スルーで。ともあれ、大変ためになる言葉がたくさんあった。 ◎『横道世之介』(吉田修一)  今年の本屋大賞3位。とにかくページを繰る手が止まらない!…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

2010.5月の読書感想

 今月の読書の感想です。DVDは観てないので、感想はなしです。  【5月の読書篇】(読了順) ◎『疾風ガール』(誉田哲也)  誉田さん初読み。警察モノの作品が多い誉田さんだけど、これは夏美という女性ロッカーとそのバンドメンバー、そして夏美に惚れこんだスカウトマンが紡ぎ出すストーリー。疾走感に満ちていて、読んでいて爽快だ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2010.4月の読書感想

 今月から読書やDVDの感想は、ひと月ごとに一括でまとめてお送りすることにします。手抜きとか言うな―ヽ(`Δ´)ノ 【4月の読書篇】(読了順) ◎『新参者』(東野圭吾)  ある殺人事件を追う1つの長篇でありながら、それを軸として多くの日常の謎が絡む、新しい感覚の連作ミステリー。こんなこともできるんだ、と思った。人情…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

4月はゆるゆるライフ

 今日はひっさびさに、まったーりとした1日でした。時間がゆーっくり過ぎてったーヽ(´ー`)ノ 朝、ちょっとだけ職場に顔を出す用事がありましたが、その後はイオンでコンタクトの定期検診。順番待ちのとき、ひっさびさに本を読みました! 東野圭吾さんの『新参者』。昼食で入ったスタバでも『新参者』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎりぎり今日中に間に合った!

 やりましたぜー! 予定通り、本日第1稿が上がりましたー!! バースデー&第1稿! 二重のお祝いやー!!    今日は驚異の執筆スピード。ほとんど午後から書き始めたも同然なのに、原稿用紙換算でなんと50枚を達成! 過去に1日でこんなに書けたこと、あったっけっか? 1日で50枚ってことは、長篇1作を1週間で書き上げられるペースですよ!…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日の○○トーク

 こんばんわ、shitsumaです。どうも最近怪しげなテンションになりがちです。たぶん「こうでないと3月は乗り切れないぞ」と勝手に身体が判断しちゃったのでしょう。もう開き直ってやるしかねぇな。 《今日の執筆トーク》  残り100枚を切って、ここでまた新キャラが出てくる展開って、よくよく考えてみればどーよ? まいっか。そん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後半戦突入!

 この1週間で2回の中間推敲をしました。1回は1時間20枚ペースで、計10時間。もう1回は流れを意識し、普通に小説を読むくらいのペースで、220枚を2時間。1回目の推敲では赤チェックまみれになりましたが、2回目は2枚に1箇所チェックが入るか入らないかくらい。思ったよりも前半部のスピード感は出ているような気がします。これなら3月の全体推敲…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

本屋大賞予想

 書いてたら長くなったので、今日の記事は2つに分けます。  今さらですけど、芥川賞&直木賞の結果発表と、本屋大賞のノミネート作品の発表がありました。  芥川賞が受賞作なし、直木賞は白石さんと佐々木さんのW受賞。おめでとうございます! 今回はじっくり経過を追うことができなかったので、コメントはなしで・・・。  代わりまして、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2009年読書録ベスト10

 さて今年もやってきました! 毎年恒例の2009年の読書録ベスト10!  いちおう、その内容についてざっと説明しておきます。2005年に始まり、今年で5回目を迎えるこのランキングは、あくまでも【2009年に管理人が読んだ本】が対象となっています。新刊もあれば、何十年も前に出たような名作がランクインすることもあります。基準は管理人の…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

「2代目VAIO」と「伊坂さんファンブック」と「このミス」

今日はノートPCを買ってきました! 今使っているやつのバッテリーが壊れ、電源コードがなくては起動できなくなったので。修理に出すくらいなら、新しいものを買おうと。  さて新しい商売道具は、現在使っているのと同じSONYのVAIOシリーズ。2代目VAIOと呼ぶことにしましょう。このシリー…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

☆読書☆『SOSの猿』

 久々の読書感想です。今日は伊坂さんの新刊『SOSの猿』。軽くネタバレしてるので、ご注意を。  ひきこもり青年の「悪魔祓い」を頼まれた男と、一瞬にして三〇〇億円の損失を出した株誤発注事故の原因を調査する男。そして、斉天大聖・孫悟空―救いの物語をつくるのは、彼ら。 (e-hon要旨より)  前作の『あるキング』に続き、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本、本、本!!

今日は伊坂さんの新刊『SOSの猿』を買いに、元バイト先へ。装丁がカッコいいですね。思わずすりすりしたくなるカバーのさわり心地もグッドです(^-^;)  今回の話は引きこもりの少年と孫悟空がなんちゃらかんちゃらというストーリーだそうですが、このカオス状態のあらすじも、伊坂さんが「こんな物語が…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

こ・・・このキャップはっ!!(本日3度目の更新)

 今日は珍しく3回も更新ですわー(^-^;)  1件目はタイガースのフロント批判の記事。2件目は、今日新作の構想を練っていたら思いついた詩(もどき)。そしてこれから書く3件目は、今日の日記です。  管理人の身近なところにも、ついにインフルエンザの波がやって来ましたよ。甥っ子がA型インフルに倒れ(新型かどうかは不明。もう治りま…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

コメダで考えろ考えろマクガイバー

最近、読書のことを何も書いてないですね・・・。まぁ、ここのところ、あんまりペースがよくないもので・・・。先月はなんとか5冊よみましたが、今月は昨日読み終えた本がようやくの1冊目です。まずいなぁ。  昨日読み終えたのは『片眼の猿』。次世代を担う新進気鋭のミステリー作家として一躍名を挙げた…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

☆読書☆『あるキング』

 本日2度目の更新は読書感想。伊坂幸太郎さんの最新刊『あるキング』です。  弱小地方球団・仙醍キングスの熱烈なファンである両親のもとに生まれた山田王求。“王が求め、王に求められる”ようにと名づけられた一人の少年は、仙醍キングスに入団してチームを優勝に導く運命を背負い、野球選手になるべく育てられる。期待以上に王求の才能が飛び抜けてい…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

試行錯誤だけど切磋琢磨して大器晩成

伊坂さんの新刊『あるキング』を読了。詳しい感想は、このあと書く別記事に譲りますね。一言だけ書いておくと、おもしろかったです。これまでに出た伊坂さんの作品のどれとも異なる雰囲気の作品ですけどね。  今月発売の『ダ・ヴィンチ』を買ってきました。伊坂さんのインタビューが載ってたから。『あるキ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

エースに名乗り!?

 今日、車で国道を走っていたら・・・ひとつ前を走る車がサイドミラーをたたんだまま運転してた!!∑( ̄□ ̄;) 危ねぇて!!  運転者はサイドミラーを見ないのか。もみじマークつけてたし、危険な香りがプンプン。なんとか気付かないかと、窓から手を出してラウム(管理人の車)のサイドミラーを指差してみたけど、そのミラーをたたんでるんじゃあ気付く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆読書☆『阪急電車』

 本日2度目の更新になります。読書感想です。今回はちょっと前に話題になった『阪急電車』(有川浩)。念のために・・・名前の読みは「ありかわ・ひろ」。れっきとした女性作家です。  恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車…。8駅から成る、片道わずか15分間の阪急電鉄今津線で、駅ごとに乗り降りする乗客の物語。電車は、人数分の人生を乗せ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

『スタンド・バイ・ミー』&8月新刊♪

今月から海外小説も少しずつ読んでいこうということで、数多くのホラー小説を生み出したスティーブン・キングを図書館で借りてみました。手にしたのは『恐怖の四季』シリーズ。春夏秋冬の各篇、合計4つの中篇から成り立つシリーズです。春夏篇と、秋冬篇の2冊に分かれています。収録作品は以下のとおり。 春:『刑務所のリタ・ヘ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more